FC2ブログ
食べて健康ベジタブル
ハーブ、野菜、果物について
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パイナップルの酵素パワー
パイナップルの酵素は何かと研究され続けています。

パイナップルに含まれるブロメラインという成分が重要な酵素で、薬のように炎症を抑え、腫れを引き、のどの痛みや関節痛、痛風にもよく、タンパク質の消化を促進する、ガン予防や治療にも高い効果がある。と最新のリサーチ結果が報告されました。

 ブロメラインはガン予防、腫瘍を縮小する。
3月30日インドの研究機関にて、ブロメラインの抗炎症、抗浸潤、抗転移効果が証明されました。

 ブロメラインには強力な抗炎症効果があり、消化促進する
ブロメラインは複雑な成分の混合体で、そのタンパク質消化酵素が最も研究対象になっている。
抗血栓、線維素溶解の効果、鼻炎治療、打ち身、腫れ、痛みの治療にもよく、手術後の腫れを減らす。

ブロメラインは相乗効果的に他の酵素と作用しあい、最適な消化へと導き、タンパク質を分解してくれるので、肉食傾向のある人とてもよいとのこと。

 サプリメントではなく、パイナップルそのものを食べると、視力の低下を防げる。
一日に3回以上食べると、老化による視力低下を防げるという。これは、110000人の男女を対象とした研究で証明されたそうです。野菜、ビタミンA、C、E、カロテノイドの摂取より、果物を食べたほうがより視力低下の進行を防げる

 パイナップルに含まれる抗酸化物質が免疫システムを守る。
パイナップルは、体内にある水溶性の抗酸化物質、ビタミンCのスーパー源元。

 パイナップルに含まれるビタミンCは、体がバクテリアや他の毒素と戦いやすくするので、口内病によい。これは心臓病や糖尿病、脳卒中にも関係があるそうです。

体のヒーリングメカニズムを向上させるために、生のパイナップルをよく食べるようにするとよい。
新鮮なものが一番効果があり、熱を加えたものはダメ。
缶詰のパイナップルはその製造過程において熱を長時間かけているため、酵素のブロメラインが破壊されてしまってるから。

あと、パイナップルは肉などのタンパク質と一緒に食べないようにする。
せっかく取り入れたパイナップルの酵素が、一緒に食べたタンパク質の分解に使われ、体内にある不要な病原菌などのタンパク質の分解に使われず、体内の浄化にならないとのこと。

でもパイナップルの、あの食べた後、舌がビリビリするのはいやだ 
でも酵素ブロメラインのせいで、舌が刺激されてビリビリするのだそうです。
体を構成する細胞の膜にはたんぱく質が浮かんでいます。
だから、舌の上のたんぱく質が分解されてビリビリするのですね。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

パイナップルの酵素の種類を教えてください。実験をしたところ、パイナップルもデンプンを分解していたのですが、本当にパイナップルの分解酵素にアミラーゼは含まれていないのでしょうか?
URL | ピノ   #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://medicalvegetable.blog38.fc2.com/tb.php/2-2c009998
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

vegateria

Author:vegateria
野菜、果物、ハーブを使って、おいしく楽しく生活してます。

検索フォーム

PR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。